ホーム > ホームソリューション > 製品ラインナップ > ソーラーシステム > ソラージュ:特長

製品ラインナップ

特長
太陽熱をシンプルに活用。 楽しく、いつでも太陽熱の使用効果を確認できるソーラーモニター登場 ソラージュをもっと便利に!使い方広がる優れた拡張性 使い方提案1 パーパスのふろ給湯器又は給湯暖房用熱源機との組み合わせ
ガス給湯機器をパーパスのふろ給湯器または給湯暖房用熱源機※にお取り替えいただくと、給湯回路を接続してソラージュからの温水をガス給湯機器の温水と同じ給湯栓からご利用いただけます。
さらに給湯温度もガス給湯機器のリモコンで制御が可能になり、全体を一つの給湯システムのように操作できます。
◆一部対応できない機種もございますが、既に設置済みの当社製品でも対応機種であれば追加工事で連結運転が可能です。詳しくは最寄りの当社営業所またはお客様相談室にお問い合わせください。
使い方提案2 既存の給湯機器との組み合わせ
別売のソーラーモニターを使用しない場合は、自動ミキシングバルブを取り付けての温度調節が必要です。
◆自動ミキシングバルブの温度調節に注意が必要です。詳しくは最寄りの当社営業所またはお客様相談室にお問い合わせください。
※1:給湯栓は必ずサーモミキシング式の混合水栓を使用します。
使い方提案3 単独利用
ソラージュ専用の給湯回路と給湯栓を設置する、もしくは以前の太陽熱温水器で使用していた給湯回路をそのまま利用(お取り替えの場合)して、ソラージュを独立した給湯機器として使用します。(この場合は太陽熱で作った温水以上に湯温を上げることはできません。)
別売のソーラーモニターを使用しない場合は、自動ミキシングバルブを取り付けての温度調節が必要です。

◆自動ミキシングバルブの温度調節に注意が必要です。詳しくは最寄りの当社営業所またはお客様相談室にお問い合わせください。
※2:給湯栓は必ずサーモミキシング式の混合水栓を使用します。
◆上記の配管や配線を示すイラストは全て参考図です。実際の設置で必要な配管上のバルブ等は省略しています。
 また、ソーラーモニターを使用した場合の説明図です。
初期コストを抑えながらランニングコストもしっかりダウン。
ソラージュでお湯を作ると・・・
従来型給湯器(熱効率80%)だけで給湯する場合に比べて
ポイント1 ガス代+集熱ポンプ電気代 ポイント2 CO2排出量
[試算条件]◎集熱パネル(PSP-200)取付:東京、南向き、傾斜角30°◎給湯エネルギー負荷:15.1GJ/年◎都市ガス発熱量:44.8MJ/m³◎LPガス発熱量:100.4 MJ/m³◎従来型給湯器の熱効率:80%◎都市ガスCO2排出係数:2.23kg-CO2/m³◎LPガスCO2排出係数:6.00kg-CO2/kWh◎都市ガス単価:157円/m³◎LP ガス単価:564円/m³(基本料金を含む)◎電力(ソーラーポンプ運転)単価:24円/kWh◎電力発熱量(1次エネルギー):9.76MJ/kWh
※数値は試算であるため、実際の使用状況・天候により異なります。
ソラージュの仕組みと機能 ソーラーミキシング

このページの先頭に戻る