ホーム > 企業情報 > 新着情報 > 自然災害時(台風・地震・雷)に、お客様から特に多いお問い合わせについて

企業情報

新着情報

重要なお知らせ

2019年10月16日

 
自然災害時(台風・地震・雷)に、お客様から特に多いお問い合わせについて

台風、地震、雷などの自然災害時にお客様から特に多いいただくお問合せと対応方法は以下となります。

ご参照いただけますようお願いいたします。

Q 大雨後(中)にエラー510・512等がリモコンに表示され点火しない。

台風などの強風における大雨の場合、機器内のセンサー部が湿気を帯び点火不良となるケースがございます。雨が上がりましたら、給湯器本体から出ている電源コードのプラグをコンセントから抜き、数秒後(10秒以上)再度コンセントを挿して、運転スイッチが正常に入りエラーが出ないか確認して下さい。

この操作を行っても改善しない場合は修理点検が必要になりますので修理依頼の手配をお願いします。

なお、(雨天時の)電源コードのプラグの抜き差しの際は感電に注意して下さい。

Q 大雨後(中)にリモコンに表示がされなくなった。

台風などの強風における大雨の場合、機器内の漏電ブレーカーが作動し、リモコンが表示されない場合がございます。雨が上がりましたら、給湯器本体から出ている電源コードのプラグをコンセントから抜き、数秒後(10秒以上)再度コンセントを挿して、リモコンに表示が出るか確認して下さい。

この操作を行っても改善しない場合は修理点検が必要になりますので修理依頼の手配をお願いします。

なお、(雨天時の)電源コードのプラグの抜き差しは感電に注意して下さい

Q 製品が冠水・水没してしまったが、このまま使用して良いですか?

給湯器が冠水・水没してしまった場合は、泥やゴミなどが機器内部に残っている場合がございます。状況により製品を交換しなければならないケースもありますので、そのまま使用せず、販売店様または弊社へ修理・点検の手配をお願いします。

Q 地震の後に給湯器が点火しなくなった。

ガスメーター(マイコンメーター)は、大きな地震(震度5相当以上)があった場合、安全のために自動的にガス供給をストップさせる機能がついております。ガスメーターの確認をお願いします。

Q 雷(落雷)の後、給湯器の運転スイッチが入らなくなってしまった。

給湯器本体から出ている電源コードのプラグをコンセントから抜き、数秒後(10秒以上)再度コンセントを挿して、運転スイッチが正常に入りエラーが出ないか確認して下さい。

この操作を行っても改善しない場合は修理点検が必要になりますので修理依頼の手配をお願いします。

なお、雨天時の電源コードのプラグの抜き差しは感電に注意して下さい。

【修理や点検についてのお問合せ先】

パーパス修理受付センター(年中無休/24時間修理受付)

 電話/0120-260-884 ※携帯電話からの場合・・・電話/03-5682-4545

このページの先頭に戻る