ホーム > 企業情報 > 新着情報 > 業務用ハイブリッド給湯システム 新発売

企業情報

新着情報

ニュースリリース

2017年06月22日【2017-N17-M06】

- 業務用厨房の光熱費を劇的に下げる、次世代型スマート給湯システム -
業務用ハイブリッド給湯システム 新発売

住宅用ガス機器、情報システムのメーカーであるパーパス株式会社(社長・髙木裕三、本社・静岡県富士市)は、業務用ハイブリッド給湯システム「PG-HB90(簡易基礎無)」、「PGM-HB90(簡易基礎有)」を2017年6月22日から受注開始し、9月より納品開始いたします。

ヒートポンプユニットとエコジョーズを組み合わせたハイブリッド給湯システムは、省エネ給湯システムとして評価されております。当社は主に小規模飲食店などを中心とした業務用厨房をターゲットとして新製品を開発。業務用給湯システムにおけるシェア拡大を図るとともに、省エネ化を推進することで環境負荷の低減に貢献いたします。

新製品の主な特徴は以下の通りです。

■民生用の2~3倍の大能力な6.0kWヒートポンプを採用

90Lタンクを標準的な条件で50分前後の短時間で沸き上げが可能。また、使用中も随時沸き上げを行えるので、バックアップ給湯器の運転時間を最小限に抑えます。

■ランニングコストを約47%削減、光熱費カットを強力にサポート

ヒートポンプ給湯機とガス給湯器の強みを活かしたハイブリッド構造のため、使用条件に合った効率の良いエネルギー利用で運用します。結果、省エネを実現し、ランニングコストも大幅に削減します。

一次エネルギー換算で約35%の省エネを実現。年間のランニングコストも約47%削減

【ランニングコスト試算条件】
・HPTCJ「業務用ヒートポンプ給湯システム設計ガイドブック」飲食店実績データより給湯パターンを引用
・1日の給湯量は42℃、3000Lとする
・電気料金単価は東京電力エナジーパートナー 業務用電力(H29.4)燃料調整費、再エネ賦課金を含む
・ガス単価は東京ガス 一般F(H29.4)原料費調節額を含む

■設置スペースに限りのある都市型店舗にも最適!コンパクトな新設計タンクと自由度の高い設置性

従来の業務用ヒートポンプ給湯機(エコキュート)と比較し、設置面積が約1/3とコンパクト設計を実現。さらにバックアップ給湯器やヒートポンプユニットと、貯湯ユニットの分散設置も可能なので、設置の自由度が高く、また、タンクは奥行き約400mmあれば設置できるため、ちょっとしたバックヤードの空きスペースやお店の軒下といった狭小スペースに設置できるのも大きな特徴です。

設置面積は3分の1

■80℃の高温出湯が可能。高温殺菌機能も搭載

高温は80℃まで出湯可能。貯湯タンク内を殺菌する高温殺菌機能も搭載し、クリーンなお湯を提供するので安心です。

■タンクから直接供給するから、お湯の温度が安定

他社既存システムとは仕組みが違い、ガス給湯器を介さず、貯湯ユニットから直接お湯を供給するため、お湯の出が悪くなる心配がなく、安定した温度のお湯を供給することが可能です。

■初めてでも使いやすい、給湯器リモコンMC-714-HB

ガス給湯器をベースにしたリモコンで、ボタン配置や表示画面など、高い操作性で使い勝手よくご利用いただけます。

高い操作性で使い勝手の良いリモコン 画像

■価格

PG-HB90(簡易基礎無)  希望小売価格 \941,000(税抜)
PGM-HB90(簡易基礎有) 希望小売価格 \971,000(税抜)

■システム仕様

システム仕様 表

【お問い合わせ先】

パーパス株式会社 お客様相談室
      電話/0545-32-1389(受付時間 平日9:00~19:00、土・日・祝日9:00~17:00)
2017-N17-M06

このページの先頭に戻る