ホーム > かしこいエコライフ > 給湯器のしくみ:ガス給湯器とは

パーパスが提案するかしこいエコライフ

エコアイディア
給湯器の選び方
給湯器のしくみ

給湯器のしくみ

一日の疲れを癒す快適なバスタイムに欠かせないお湯。蛇口をひねるとどうして、すぐに温かいお湯が出てくるのでしょうか?パーパスがわかりやすく解説します。

ガス給湯器とは

『ガスを使ってお湯を与えることのできる器具』という意味になります。
つまり、『ガスを燃焼させて水を加熱し、お湯にする機械』ということになります。

ガス給湯器の種類

加熱のしかたによって次の2つに分けることができます。

貯湯式(ちょとうしき)

鍋に水を入れてガスコンロで沸かす方法と原理は一緒です。貯湯量は100リットル~300リットルで、ガスコンロ程度の火力で時間をかけて沸き上げます。
現在ではガスを使う機器はほとんど販売されていませんが、電気温水器はガスの代わりに電気ヒーターで加熱する方法をとっています。貯湯温度が決められた温度に達すると消火(ヒーターが止まる)し、決められた温度まで下がると点火(ヒーターが入る)します。
貯湯式(ちょとうしき)

瞬間式(しゅんかんしき)

金属のパイプに水を流したままガスの炎にさらすと、中の水は連続的に加熱され一定の温度のお湯を出すことができます。この原理を使ったのが『瞬間式』です。上の状態から、ガスの量を増やして火力を上げるとお湯の温度は上がり、ガスの量を少なくするとお湯の温度が下がります。

また、ガスの量は変えずに、水の量を増やすと湯温は下がり、減らすと湯温は上がります。パイプ内に水が流れたら点火させ、止まれば消火させます。このように、湯温の変化が少なくなるように、ガスと水の量を常にコントロールしています。
瞬間式(しゅんかんしき)

このページの先頭に戻る